図解一目でわかる最適資産運用法(2010年版)


図解一目でわかる最適資産運用法(2010年版)

「図解自分に最適な資産運用が一目でわかる本(2009年度版)」は持っているんですが、
今回タイトルが少し変わって、2009年5月発刊なので、
100年に一度の不景気(といいつつ、この100年だったら戦後直後の方が不景気ですよねぇ…)にも対応だそうな。

これだけで投資をするというのには足りないです。まず一歩踏み出してみようと思う人とか、投資ってなんだかこわーいという初心者向け。

ここに来てくださっている方は割と酸いも甘いもしっかり自己責任という方が多いので、
あまり必要ないかもしれませんけど。

去年のにはコモディティとか金とか美術品投資なんかにも触れられて、あーなるほどなぁと去年の自分は思った次第。

ちょっと興味を持ったら買わなくていいので、リンク先の詳細だけでも見てみてくださいな。
投資っていっぱい種類あるよなぁ。と思います。


究極のハイリターン投資法

トレイダーズ証券から封筒が届きました。
中を開けると「日経225先物口座開設キャンペーンプレゼント送付のお知らせ」とあります。
どうやらキャンペーンに当選した模様です。こんな所で運使わなくてもいいのに…。

1年で資金倍増を狙う究極のハイリターン投資法
1年で資金倍増を狙う究極のハイリターン投資法
出島 昇, 高藤 仙英

帯には
「株バカ卒業」
「もう銘柄選びは不要。下げ相場でも効率的に儲かる!」
500万→(ハイリスク型6ヶ月で20倍)→1億円
600万→(ローリスク型1年で2倍)→1200万円

と2度の退場と350万円の損失をしている自分には、凄く魅力的で反面胡散臭い言葉が並んでる(笑)

ぱらぱらと読んでみたのですが、初心者には分かりやすい本ですね。
日経225先物や日経225ミニ先物を始めて見ようかなー。と入門書を探している方にはいいかもしれません。

そんな感想。気になったら是非どうぞ。

ゾーン 相場心理学入門読みました

ゾーン ? 相場心理学入門
ゾーン ? 相場心理学入門
マーク・ダグラス, Mark Douglas, 世良 敬明

「ゾーン」読みました。読んだんですけどゾーン(明鏡止水の境地)に到達するには…抽象的で良く分かりませんでした。やたらフォースという言葉が出てきたなというのは覚えているのですが、あまり頭に入ってきませんでした。
あと何回か読んでみます。取り敢えず負けても勝っても一喜一憂しないというのは分かりました。その境地って遠いな…

そしてまた日が変わる/FNチャート

昨日の後悔を今度こそ反省に変えてやると意気込んでいる土曜日。
正直、時間が経つほど「あぁなぜ」という念が強くなっていくので、気分転換に高田 智也氏の「ネット投資3年で成功している私の連勝法」[AA(アマゾンアフィリエイト)]を読む。成功談を読むとよし自分も!という気になるじゃないですか。
自分には「魔術師たちの心理学」[AA]を読む方が必要な気もしますけど…。

載っていた「自分発掘ファンドネットワークのFNチャート」を見て、あれ?と思い調べてみました所、今右上でバナー張っている「ファンドネット証券」はファンドネットワークの100%子会社なのですね。

ファンドネット証券のFNチャートのリンクから、やはり本に載っているページに飛ぶ事が出来ました。

正直SPAN証拠金100%は魅力だけども、新しい証券会社なんだなとだけ思っていたんですが、著者の高田 智也氏にあやかって、ファンドネット証券の口座を開いてみてはどうでしょう。

まずは軽い気持ちで資料請求は是非こちらから→「ファンドネット証券

ちょっとお小遣いも入るので是非(まーその為の宣伝なんですが)。
自分は資料請求はしたけども、まだ口座開設していないので使い勝手は分かりません。

土日はランキング下がるので、是非今日も1つずつ応援クリックよろしくです。
「人気blogランキング」/「日経225先物OPランキング」/「カブログランキング」

「投資の王道」2冊買いました

投資の王道―株式市場のテクニカル分析
投資の王道―株式市場のテクニカル分析
新井 邦宏
投資の王道・実践編 日経平均先物取引
投資の王道・実践編 日経平均先物取引
新井 邦宏

「ネット投資3年で成功している私の連勝法(明日香出版社)」でも推奨されていた本なので、以前から気になっていたのですが、NIGOさんもお勧めの本という事で、一応いらないと言われていた緑本「実践編 日経平均先物取引」も一緒に買いました。
昨日AMAZONから届いて今読んでいます。全然休み中も相場から離れていない…。これが実を結べば良いのですが。
しきりに言われている「トレンドフォロー」を実践してスイングトレード出来れば気持ちも楽なんでしょうけどね…。

あと休み中いろんなブログを回っていて気が付いたんですが、CME6月限17,345円付いていますね。明日は200円以上高い所から始まるんでしょうか。
円も112円半ばで、117円台だった時から1月経っていないのは驚きです(確かそうだよね?)

人気ブログランキング応援のクリックをお願いします。

お勧め本

→AMAZONへのリンク 「魔術師たちの心理学 ― トレードで生計を立てる秘訣と心構え」

バン・K・タープ, Van K Tharp, 上野 惠子, 萩原 重夫, 戸張 義雄

右側のリンク本にも入れていますが、トレードから退場させられないためには、シグナル以上にマネーマネージメントが必要です。一度退場させられた人にこそ読んで欲しい本です。足りなかった物が見えてくる筈です。

というか負けていない人が読んでもピンと来ないのではないかなと思います。自分みたいに「あぁもうダメだぁ」と思ったときに読むと失敗した数々の事柄が思い出されます(笑)小休止中に読むにはいい本です。

ふっふっふ買ってしまいました

トレーダーの聖典と帯に書いてある「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」(PanRolling 10,290円(税込))と、
「ラリー・ウィリアムズの相場で儲ける法」(日本経済新聞社 3600円+税)の2冊を購入して、先ほど届きました。
高い本なんですが先物トレード1日失敗すると、これ位の損失出ちゃうやと自分をごまかしながら購入してみました。

それでいろんなサイトでお勧めされていた「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」をこれから読むわけなんですが…第1印象が電車では読めませんな。大きくて(笑)

ぱらぱらと見てみると…難しそう…がんばって読んでみます

本を何冊か読んでみた

「究極のテクニカル解析」 と 「決算書の簡単な読み方」
「究極のテクニカル解析」はどこかネット上で書き込みがあったけど、ニュートンの万有引力の例えが分かりづらいと思った。

でも、いかに高値でつかんで狼狽売りをしていたか分かった(様な気がする。気だけかも)
面白いっすね。この本。初心者には(俺も)オススメかも

「決算書の簡単な読み方」は自分の勤めている会社の決算書すらちゃんと読めないので買ってみた。本を読んだ上でピンポイントで会社の決算書を見たら、かなり駄目だった…orz まぁ分かってはいたけど…。

税金関係の知識を深めたいなと思った今日この頃