2011年2月14日(月)からの1場制他

カブドットコム証券から「契約締結前交付書面在中」と書かれた封筒が届いた。
中には大証の「日経225先物・オプション取引制度見直しのご案内」が入っていた。

先物・オプション取引制度の見直し
http://www.ose.or.jp/derivative/2098

マッチングルールの見直し
* 同時呼値ルールの廃止
→注文の時間優先が適用。寄り付き前も早めの注文が必要

* 板寄せ方式による約定値段の決定方法の見直し

取引時間の変更
* 取引時間の変更
→昼休みの廃止で1場制
→引けの取引の変更 ザラバ取引は15時10分まで、プレクロージング導入、大引けは15時15分

価格規制の整備
* 即時約定可能値幅制度の導入及び特別気配制度等の廃止
→誤発注の防止対策らしい。上下0.8%(オプションでは上下10ティック)を超えた注文があった場合、対応できる数量を約定させた上で取引を1分間中断。

* 値幅制限制度及びサーキット・ブレーカー制度の見直し
→価格帯別サーキットブレーカーから、8%に変更。1取引日中に同一方向で二段階拡大等

注文の種類の拡充等
* 注文の種類の拡充等

ストラテジー取引制度等の導入
* ストラテジー取引制度の導入
* インプライド機能の導入

本格的なマーケットメイカー制度の導入
* マーケットメイカー制度の導入

その他
* J-NETデリバティブ取引制度の見直し
* 商品性の見直し
* 清算数値等の決定方法等の見直し

——————
他にも

・日経225miniのマンスリー限月取引の追加
→3月6月9月12月(四半期限月)のうち直近2つの限月に加え、四半期限月以外の直近3限月(マンスリー限月)の取引を開始し5限月制となります。

2011年4月1日現在の場合

第1限月 2011年4月限 追加されたマンスリー限月
第2限月 2011年5月限 追加されたマンスリー限月
第3限月 2011年6月限 従来からの限月
第4限月 2011年7月限 追加されたマンスリー限月
第5限月 2011年9月限 従来からの限月

・オプション取引にかかわる呼値の単位の見直し
オプション価格 50円以下 呼値1円
オプション価格 50円超1000円以下 呼値5円
オプション価格 1000円超 呼値10円

——————

…これ直近限月がどうしても取引が多いことを考えると、1か月未来の分の取引が多い訳で
先物の基本的在り方自体が要らないと言っているみたいで、どうなんでしょうね。(私見です)

カブドットコムからこんなメール来てました。

カブドットコムからこんなメール来てました。
7月29日時点のメールなんですけど。(遅いって)

————————————–
カブドットコム証券株式会社は、2010年8月2日(月)約定分から、先物オプション取引の手数料を主要ネット証券最低水準に引き下げます。「日経225mini先物」「ミニTOPIX先物取引」「東証REIT指数先物」「Core30先物」の手数料を50%引き下げ52.5円に、「TOPIX先物」の手数料を45%引き下げ525円に、「日経225オプション」の手数料を66%引き下げ約定代金の0.21%に引き下げます。また、同日から以下3点のルール変更も実施します。

・「日経225先物」「TOPIX先物」における建玉上限枚数を従来の2倍となる100枚に引き上げ。

・「日経225mini先物」「ミニTOPIX先物取引」「東証REIT指数先物」「Core30先物」における建玉上限枚数を従来の 2倍となる1,000枚に引き上げ。

・ 必要証拠金額におけるSPANR証拠金掛け目を110%から100%に引き下げ。

—————

サラリーマンのシステムトレードにはカブドットコム証券は便利だと思います。
前場中に後場引けの指定ができるから。
ひまわり証券も出来るようになったみたいですけどね

楽天証券で手数料の変更発表

楽天証券で手数料の変更発表があった。

———————–
2010年7月20日(火)約定分より、『日経225先物取引』・『日経225ミニ取引』
の委託手数料を改定いたします。

『日経225先物取引』は、1枚あたり472.5円(税込:1円未満は切捨)、
『日経225ミニ取引』は、1枚あたり52.5円(税込:1円未満は切捨)とします。

※なお、以下の手数料サービスにつきましては、2010年7月16日(金)をもって
終了させていただきますので、ご了承ください。

1. 同一約定日(営業日)における日計り取引において片道分の手数料を無料
とするサービス
2. 1日あたりの上限手数料を105,000円(税込)とするサービス

▼詳細については、こちらをご確認ください。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20100708-01.html
———————–

結局ミニ日計りは手数料変わらないって事ですね。

SGX時間延長、大証夕場延長、大証1場制を考えてみる

20時間トレードできますか。びじねすまーん♪(古い)

みなさんご周知の通り「2010年7月20日(火)」から、夕場時間延長で23時30分までとなります。
知らなかったのですが、今日(7月5日)から SGX のミニ日経225先物の取引時間を
日本時間の16時30分まで延長したそうです。(従来は15時30分)
(AZさんから教えてもらって、楽天証券マーケットスピードのニュースで確認しました。)

現在まだ公式にはアナウンスされていませんが(されているのかな?)
案という話では「平成22年第4四半期より午前と午後の場間廃止「1場制」とする(案)」と発表されています。
現在の11:00~12:30のお昼休みが無くなります。

来年1~3月の間には
現在の
・大証 9:00~11:00,12:30~15:10,16:30~20:00 が夕場延長も合わせて

・大証 9:00~15:10,16:30~23:30 になるという事ですね。

—————————

大証 9:00~15:10,16:30~23:30
SGX 8:45-11:15,12:15-16:30
CME 22:30~05:00(夏)

で考えると、
・SGX 8:45~9:00
・大証 9:00~15:10
・SGX 15:10~16:30
・大証 16:30~23:30
・CME 23:30~05:00
で一日20時間以上、連続して取引が出来るようになります。

寄り引けトレードは、現物での取引を考えると、
まったく使えなくなるという事はないと思っているのですが、成果が出ないシステムも一杯出てきそうですね。
(お前のシステムは、今でも成果が出ていないじゃないかという突っ込みは無しの方向で…(汗))

日経225先物、夕場延長 23:30まで時間延長です

大阪証券取引所(以下、大証)で日経225先物の時間延長(夕場延長)が
平成22年4月28日に正式にリリースされていましたが、
実施時期が近付いてきたので、記事書きたいと思いますー。

詳細→http://www.ose.or.jp/futures/ind_es.html

7/16(金)まで 16:30~20:00
7/20(火)から 16:30~23:30

メリット
* 株式市場終了後に発表される企業の決算情報やニュースに対応した取引が可能。
* 欧州市場の取引開始時間をカバーするため,欧州株式・為替市場の動きに合わせた取引が可能。
o イブニング・セッションが開始される日本時間16時30分はロンドン時間7時30分(サマータイム期間中は+1時間)にあたります。
* 日中時間帯(午前立会・午後立会)以外における取引機会を提供。

—————-
平成21年12月15日(火)から平成22年1月5日(火)までに行われた取引時間の延長に関してパブリック・コメント
パブリックコメントの抜粋はこちら http://www.ose.or.jp/rules/pc/091215a.html

・取引時間の延長の是非
・具体的な取引時間
・その他取引時間について
・呼値の単位の縮小について

久々に読み返して、個人の要望は結構わがままだなぁと(笑)

> 延長の際には中断時間(例えば20時から21時)を設けてほしい。休憩時間なしは辛い。【個人】

> ラージ(日経225先物に係るlarge取引をいいます。以下同じ。)の手数料が往復2,100円程度であるため,呼値の単位を2.5円にすれば1ティックで手数料がカバーできることになるので,2.5円に縮小してほしい。【個人】

気持ちは凄く分かるんですけどね(笑)

—————-

なにはともあれ、時間延長ですよ。いよいよ夕場の動向も無視できなくなってきましたね。

前場 9:00~11:00 2時間
後場 12:30~15:10 2時間40分
夕場 16:30~23:30 7時間

ダントツですよw。ちょこちょこ商いしちゃいそうだなぁ。

呼値の単位の縮小に関しては、「当分の間,実施を見合わせることとし,現在開発中の新デリバティブ売買システムの稼働以降,必要に応じて再度検討することとする。」なので、いつ頃になるんですかね?本当にやるのかな?

ラージしかないので10円刻み、オプションも500円刻みだけ という何年か前に比べたらかなり狭くなっているんですけどね。
(本当に4,5年しか経っていないのになー)
15時10分に引けてから、終値出るまで3~4分かかっていたって信じられます?(笑)

夕場延長 2010/7/20から23:30まで ついでにSPAN証拠金33万

夕場延長で検索してこられる方が多いようなのでですが、
夕場延長(23時30分までの時間延長)に関しての新しい記事はこちら

——————————–

無名さんにコメントで書いて貰って初めて知ったのですが、
2010/7/20から夕場が現在の20:00引けから、23:30まで延長になるようです。
http://www.ose.or.jp/rules/pc/091215a.html

(案)なので変更はあるかもしれませんが、
>春頃を目途から7月20日に変更
とあるので、結構固まっているのでしょうね。

2010/3/8(月)~3/19(金)のSPAN証拠金330,000円

2010/3/8(月)~3/19(金)のSPAN証拠金のSPAN証拠金が発表されました。
来週のSPANスキャン証拠金は、今週と同じ「330,000円」です
変わっていないけど、36万から変わった時に書いていなかったので書いておきます。

SPAN証拠金(リンク先は資料請求のページかトップページにリンクしてます)
80% 264,000円 ひまわり証券(アクティブ口座の前場・後場) 等
100% 330,000円 トレイダーズ証券 等
110% 363,000円 楽天証券 カブドットコム証券
120% 396,000円 ひまわり証券(夕場、通常口座) クリック証券 SBI証券 松井証券
140% 462,000円 エイチ・エス証券

今の各証券会社のSPAN証拠金パーセント

SPAN証拠金は、こちらで発表されています。
今のSPANスキャン証拠金は、「330,000円」です。

SPAN証拠金(リンク先は資料請求のページかトップページにリンクしてます)
80% 264,000円 ひまわり証券(アクティブ口座の前場・後場) 等
100% 330,000円 トレイダーズ証券 等
110% 363,000円 楽天証券 カブドットコム証券
120% 396,000円 ひまわり証券(夕場、通常口座) クリック証券 SBI証券 松井証券
140% 462,000円 エイチ・エス証券

なんか225先物力入れているところ、減りましたねぇ…。

カブドットコム証券オプション買建最低手数料105円に

 カブドットコム証券のオプション取引の買い建て手数料が最低630円から最低105円になります。

約定代金10万円迄は今までより手数料が安くなります。

10円1枚であれば105円(10円×1000×0.63%=63円、105円より下なので105円)
50円1枚であれば315円(50円×1000×0.63%=315円)
100円1枚であれば630円(100円×1000×0.63%=630円)

まぁ今、口座開設する人がいたならば、こちらから是非

手数料が高かったので二の足を踏んでいましたが、まずい裁量しちゃいそうw。